ホーム > 2/6 iPhoneの空き容量不足解消のためご来店されました。

iPhone修理 即日返却

修理実績

2/6 iPhoneの空き容量不足解消のためご来店されました。

今回は修理、というよりはちょっとした操作方法をアドバイスさせていただきました。

お客様がお持ちいただいた端末は16GBで

「空き容量が足りないというメッセージが頻繁に出る。写真や動画、使わないアプリは削除したけど、それでもメッセージが表示されるので困っている」

とのことでご来店されました。

 

 

「以前使っていた端末も16GBで、その時写真などのデータが少なくてメッセージが出なかった。今回もデータが少ないのにメッセージが出るのはなぜ・・・?」

この話を聞く限りでは謎の部分があるので、現在の空き容量をチェックしたところ、100MBちょっとしか空きがない状態。

これではメッセージが出るのも納得です。

 

では細かい部分での使用状況はどうなっているか?

ストレージを見てみると、写真やカメラのデータで使用状況は約6GB弱。その他のアプリは500MB以下のものがズラリ。

確かにいっぱいいっぱいです。

 

お客様に同意を得た上で、早速いくつかのアプリでキャッシュデータを削除しましたが、数十MBしか増えませんでした。

次にSafariの履歴、Googleマップのキャッシュデータを削除しましたが、これも10MBちょっとしか増えず・・・。

 

そしてアルバムの中で「最近削除した項目」のデータを消してみると・・・

空き容量が6GB近くまで増えました!

 

これが盲点です。アルバム内のデータを削除すると「最近削除した項目」に入ります。

ここにたまっているものを削除すると、空き容量が劇的に変化することがあります。

 

わかりやすく言いますと、

アルバム=自分の部屋

アルバム内のデータを削除=部屋のゴミをゴミ箱に入れる

最近削除した項目内のデータを削除=ゴミ出しをする

 

「最近削除した項目」が ”ごみ箱” にあたります。つまり、ゴミ箱に入っているものをゴミ出ししない限り、減りません。

ただし、最近削除した項目内のデータを削除すると完全削除となり、2度と元に戻せないので、削除するときは十分ご注意ください。

 

意外と気づかないかもしれませんが、結構たまるものです。

また同じメッセージが表示されたらアルバムを見てあげてください。

 

今回当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

 

修理メニュー