ホーム > iPhoneがインスタントカメラに!?

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iPhoneがインスタントカメラに!?

専用のアプリをインストールして、iPhoneに取り付けるだけでインスタントカメラのように使用でき、

簡単に写真がプリントできるケース型製品「PRYNT POCKET」という画期的な商品が

クラウドファンディングサイトに登場しているようです。

 

・インク不要

インクを使用しない専用ペーパーで簡単にプリントができます。

 

・ペアリング不要

モバイルプリンターの多くの製品はBluetooth接続をする必要がありますが、

こちらは直接iPhoneに接続をするのでペアリングの必要がありません。

1枚あたりのプリント時間は約20秒となります。

 

・加工も可能

撮影した写真は明るさの調整、テキストの追加など加工をすることができます。

写真はプリントだけでなく各種SNSにも投稿ができます。

 

・動画も撮影可能

撮影した10秒間の動画を写真に埋め込む機能が内蔵されています。

プリントした写真をiPhoneの専用アプリでスキャンすると動画が再生されます。

 

・本体にバッテリー内蔵

PRYNT POCKETにバッテリーが内蔵れているため、iPhoneからの電源供給が必要ありません。

充電は約180分でフル充電。フル充電で1回あたり20枚の写真をプリントできます。

プリントした写真は表面の紙をはがすとシールにもなる優れものです。

 

 

ザッとではありますが、PRYNT POCKETの機能を書き出してみました。

インスタントカメラを使用していた一昔前からは想像ができない、

今時な商品が発売されたなぁ、と感心してしまいます。

 

 

そこで気になるお値段ですが・・・

本体の一般販売価格は2万円、現在は早期価格で15,900円で販売されているそうです。

専用プリント用紙はあらかじめ10枚同梱されていますが、

なくなった場合は40枚で2,820円で購入が可能だそうです。

 

 

昔は撮影できる枚数が限られているインスタントカメラを購入し、いかに無駄な写真を撮らずに活用できるかが勝負でした…。

 

そして、写真屋さんに現像を頼んで数日後にプリントが完了して受け取り。

 

受け取って写真を確認すると手元や足元しか写っていない写真があったり…(笑)

 

今では電話、メール、写真撮影、ゲームなどがiPhoneひとつで出来てしまうので驚きです。

そしてそんなiPhoneにこの「PRYNT POCKET」をつけるだけでプリントまでできてしまう!!

 

長々と書いてしまいましたが…

ずばり!

これは、デジカメとチェキとプリクラが合体したような製品ですね!すごい!!

 

※ひとつだけ言っておきますが、回しものではございません。(笑)

 

修理メニュー